仕事のこと

2018年夏。収入&待遇アップを目指して転職活動(WEBディレクター・企画職)

こんにちは。怜子です。

去年の夏、私は2度目の転職を行いました。

転職理由は大きく2つあります。

(1)当時夫は派遣社員であり、これからの家庭生活を維持するためには私がもう少し稼いでおいたほうが良いと思ったこと

(2)会社の業績が悪化してきており、今後出産や育休などのライフイベントを考えると、少しでも安定した企業に所属していたかったこと

出産や育休はいずれ体験できるのかな…できるといいな…(´-`)

当時勤めていた会社は人間関係良好、そしてありがたいことに社長直下のプロジェクトにアサインしてもらったりと業務内容も充実していたのですが、業績不振のためスキルのあるエンジニアやディレクターがどんどん転職していき、新サービスなども全く芽が出ず、どうしても会社の行く先が見えなくなってしまっていたのです。
また、当時私は30歳でしたので、今後のことを考えると少しでも早く決断して、次の会社でのキャリアを築いたほうが良いとも感じていました。

受けた企業は4社ほど。その中からご縁のあった一社に転職することになりました。
東証一部上場、業界内のリーディングカンパニーであり、福利厚生も整っていたことが決め手です。

余談ですが、このとき一緒に受けた某IT企業(R社)では、事前に「経歴を拝見して1次面接は免除、2次面接からの選考となります」との案内を受けていたものの、当日行ってみると何故か1次面接を受けさせられる謎対応を受けました。
1次と2次では面接対策が全く異なりますし、そもそも1次面接を受けさせられていることに混乱してしまい、正直、面接内容は散々な結果に。
第一志望の企業であり、「これまでのキャリアが評価されたんだ!頑張ってよかった!」と喜んだ直後に手のひらを返された形でしたので、なかなかにショックは大きかったです。。
人材採用関連領域では広くシェアをとっている企業なだけに、そんなんで良いのだろうかといまでもモヤモヤ。

まぁ過ぎたことを気にしていても仕方ないのですけどね。

そんなわけで、色々あったものの取り敢えず転職先が決まり、順風満帆なキャリア&私生活を築いていけるかと思ったのですが…。
実は転職先(現職)の企業にも一曲あり、この後、またバタバタ慌ただしい日々を送ることになるのです。

そのお話は追ってまたご紹介しますね。
今回はここまで。

* * * * *

↓もしよろしければ1日1クリック、ご協力をお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください